CSR

CSRマネジメント

当社は双日グループの一員として、「双日グループコンプライアンス・プログラム」によって定められた手順のもと、
「双日グループ・コンプライアンス行動基準」、「双日グループ・コンプライアンス行動基準マニュアル」などを通じて
コンプライアンスの徹底に取り組んでいます。

双日グループ・コンプライアンス行動基準(要旨)

Core Valueについて

・世界中の多様なステークホルダーのニーズや期待を把握し、それらに誠実に応えていくことは、双日グループ企業理念の実践につながる重要な取り組みであり、双日の使命と認識しています。そのために、双日は、以下の「Core Value」に従った対応を常に心がけています。

 ◎最も高い倫理観をもって誠実に行動すること。 

 ◎最も高い倫理観をもって誠実に行動すること。

 ◎社員の安全、健康、人権や個性を守り、明るく、風通しのよい働きやすい職場環境を整え、提供すること。

 ◎われわれとステークホルダーの利益を高い次元で調和させ、相互に発展することを目指すこと。

・CSR(企業の社会的責任)への取り組み — 双日は、以下の事項に誠実に取り組みます。

 ◎企業の社会的責任を自覚し、積極的に社会への貢献に努めます。

 ◎地球環境保全に継続的に取り組むとともに、貧困や人権侵害などの社会問題を解決するための活動を積極的に支持します。

 ◎企業活動のあらゆる場面において平等の精神を尊重し、人種、国籍、信条、性別等を理由とした差別的な取り扱いはしません。

 ◎企業活動で起こりうる、贈収賄等を含むあらゆる形態の腐敗の防止に取り組みます。

社員について

・双日は、社員の基本的人権を尊重し、社員一人ひとりの多様性やプライバシーに配慮するとともに、いかなるハラスメントおよび差別も行いません。また、双日は、これを社員にも指導することで、明るい、風通しのよい職場環境を作り、その維持・向上に努めます。

・双日は、社員の安全と健康を守ることを第一に考えます。

 

事業活動について

・双日は、輸出入管理に関する法令および社内規程の内容を十分理解し、それらの遵守に努めます。

・双日は、サプライチェーンのすべての取引先に、コンプライアンスの遵守はもとより、環境保護や社員のための安全かつ健康な職場環境の確保にも配慮した高い倫理的な行動を期待しています。

・双日は、高品質かつ安全を最優先した製品・サービスを納入することに努めています。

・双日は、事業活動において、公正で自由な競争を尊重し、その維持に努めています。

・双日は、会社の利益に反することは行わず、社員に対しても、個人と会社の利益が相反する場合には、会社の利益を優先するよう指導しています。

・双日は、贈答、接待等の授受にあたり、業務上の正当な目的に基づき、業界の基準、相手先の方針、現地の慣習等も踏まえて適法に行います。

・双日は、あらゆる取引において贈収賄、汚職等の不正は行いません。

・双日は、反社会的勢力との関係を断固として遮断し、詐欺・恐喝、マネーロンダリングおよびテロを防止する法令の遵守に努めます。

・双日は、地域社会と信頼関係(含む政治・行政との健全な関係)を築き、維持することを第一に考え、かかる活動が当該国で合法である限り社員にも徹底します。

 

資産・情報について

・双日は、知的財産権やそれに関する情報および営業機密情報の価値を最大化することに努めるとともに、機密を維持するために必要な措置を取ります。

・双日は、保有する個人情報を適法にかつ適切に取り扱います。

・双日は、情報システムの機密性維持のために、技術的な対策を徹底するとともに、社員が情報システムを会社の資産として正しく取り扱うことを指導します。

・双日は、財務・会計および業務情報を完全、公正および正確に記録し、また適切に保管します。

・双日は、企業情報を適時・適切に開示し、高い透明性の保持に努めます。

・双日は、政府機関、司法機関等からの合理的で正当な要請にはすべて真摯に応じます。

・双日は、双日や他の上場企業の株式等の価格形成に影響を及ぼし得る公表前の情報を未公表の重要事実として、適法に取り扱います。

コンプライアンス・プログラム

・双日は、グループ共通のコンプライアンス・プログラムを制定しこれを実践する一方で、社員に対しては、国内外の法令、社内ルールや社会規範を遵守し、節度と良識をもった行動をすることを指導しています。これにより、社員が高い倫理観で誠実に業務を遂行し、ステークホルダーからの信頼を得ることを目指しています。

 

 

サプライチェーンにおけるCSRの推進

当社は、多角的な事業をグローバルに展開する企業として、サプライチェーンにおけるCSRの取り組みを重要な課題と捉え、「双日グループ サプライチェーンCSR行動指針」のもと、その推進に注力しています。

 

双日グループ サプライチェーンCSR行動指針

双日グループの事業活動は、多様な国・地域の取引先とのかかわりによって成り立っており、それぞれの業界の特性を踏まえながら、サプライチェーンにおいてもCSRの取り組みを進める必要があります。 双日グループは、サプライヤーに対して、以下に掲げる項目の理解と実践を求め、取引先とともに企業活動と社会・環境の共存共栄を目指します。

1.従業員の人権を尊重し、非人道的な扱いを行わない。

2.従業員に対する強制労働・児童労働・不当な低賃金労働を防止する。

3.雇用における差別を行わない。

4.労使間の円滑な協議を図るため、従業員の団結権を尊重する。

5.従業員に対して安全、衛生的でかつ健康的な労働環境の提供に努める。

6.事業活動において、自然生態系、地域環境および地球環境の保全に配慮するとともに環境汚染の予防に努める。

7.内外の関係法令を遵守し、公正な取引および腐敗防止を徹底する。

8.商品やサービスの品質・安全性を確保する。

9.上記に関する情報の適時・適切な開示を行う。

 

リスク管理

当社は双日グループの一員としてグローバルかつ多種多様な事業を行っており、展開する事業の性質上、市場リスク、事業投資リスク、信用リスク、カントリーリスクなどのさまざまなリスクにさらされています。当社グループではリスク管理を強化し、リスクを正しく把握し管理することにより、質の高いポートフォリオを維持することを重視しています。